2011年11月19日

iAG 0.8.3 リリース

 前回リリースから、かなり時間があいてしまいました。
 ASCOMのSimulatorまわりの動きが少し微妙でしたので、ASCOM Platform 6.0 SP1がリリースされれば確認しようかと思っていましたが、SP1がなかなか出ませんので、とりあえず現状でリリースします。
 内容はiAG 0.8.3 RC1とほぼ同様です。

iAG0.8.1からの変更点は以下のとおりです。

 1.【新規】較正情報を手動で設定できるようにした。
 2.【新規】赤緯一方向無効化の方向を設定画面で設定可能とした。
 3.【新規】外部コマンド制御用露出制御プラグインを同梱した。
 4.【変更】較正での時間測定部分およびログ出力を一部変更。
 5.【変更】同梱しているASCOM関連プラグインの同梱ライブラリの見直しを行った。
 6.【変更】メインフォームの高さを少し小さくした。
 7.【変更】開発環境をVisula C# Express 2010 + WiX に移行した。

1・2は較正情報を手動でもできるようにしました。
場合によっては較正作業をスキップしてガイドに入れる場合や、較正値が一部異常な場合に手動でリカバリーしたい場合に役立つことを期待しています。

3は以前の記事
http://iag.seesaa.net/article/195698396.html
を参照ください。

4・7はメンテナンス上の変更です。

5はASCOM Paltform6への対応を意識していますが、もしかすると問題があるかもしれません。

6はフォームの高さ方向が本来の設計値に比べて大きくなってしまっていましたので、少し小さくしました。(それでもまだ大きいのですが)

以下から入手可能です。
http://www.swetake.com/astro/iAG/iAG.html


posted by 開発者 at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | リリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。