2011年12月12日

RAW(DNG)用コンポジットソフトウェア

 より緻密な画像処理を行おうとすると、RAWレベルでの各種操作がしたくなってきますが、読み込み・書き出しともに可能なものがフリーのものはあまり無いみたいです。
 そこで、とりあえず非圧縮DNG限定ですがRAWを読み込んで、処理して、書き出すプログラムを書いてみました。

RStackerといいます。
まだα版レベルの試作品ですが、以下においておきます。

http://www.swetake.com/astro/RStacker/RStacker.html

RStacker.png

出来ること
・RAW(非圧縮DNG)ベースのマスターダークフレーム作成
・RAW(非圧縮DNG)ベースのダーク減算
・RAW(非圧縮DNG)ベースの静止コンポジット(平均値、中央値、明(最大)、暗(最小))
いずれも非圧縮DNGを読み込み、非圧縮DNGを出力します。

 確認はEOS Kiss X2から出力したCR2を、Adobe DNG Converterで非圧縮DNGに変換したもので行っています。

 とりあえずこのプログラムでやりたいことは、一通りの前処理です。細かい調整は別のプログラムで現像後にやってもらおうという思いです。
フラットフィールディングくらいは後々実装したいと思っています。


posted by 開発者 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。