2012年07月14日

iAG 0.9.1 リリース

iAG 0.9.1をリリースしました。

http://www.swetake.com/astro/iAG/iAG.html

主な変更点は以下の通りです。
 1.【新規】ガイド警告機能の追加
 2.【変更】ログの出力形態を変更。従来のiAG_[年月日].logに加えて、起動ごとに生成されるinfo.logとerror.logを出力するようにした。
 3.【新規】画像フィルターとしてガウシアンフィルターを追加

1は一定の閾値以上になったときにログにWARNログを出力する機能です。
ログ監視アプリなどと併用すると、ガイド精度が悪いときに発報する等のアクションが可能になります。

2は1に関連して、ログの出力ファイルを追加しました。info.logまたはerror.logはファイル名が固定的ですので、静的なファイル名設定で監視が可能になります。

3は画像フィルターとして平滑化フィルターの1種である、ガウシアンフィルターを追加しました。ノイズの除去効果とか、明度のばらつきを抑える効果を期待しています。


posted by 開発者 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | リリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

遠征地でのリモート通知とログ出力の強化

 遠征地で長時間撮影を行うときセットアップが完了し露出に入ると、自分の機材にはへばりつかず、他の人たちと会話をしたり、他の機材のセットアップあるいは寒さを逃れるために車中に入ることもあるかと思います。
 この時、ついつい自分の撮影機材での出来事が把握できず、ガイドが暴れていたり、撮影が当の昔に終了していたなんてこともしばしばです。
 iAGは特定イベントでのサウンド通知機能を実装しているものの、少し離れたり車中にいると、撮影終了のアナウンスを認識できないこともありました。
 そこで、なんとか手元の機材(=携帯電話orスマートフォン)にイベントを通知できないか?というのが今回の趣旨です。単純に図式化すると以下のような感じです。
img1.png
やりたいこと

 これを達成するためには2つのことを考える必要があります。
 1つはPCから手元のデバイスまでの通信手段の確立、
 もう1つはイベントが起きたときの動作の仕方です。

 まず前者ですが、最初に考えたのは、キャリアのメールを使うことです。
img2.png
 ただ残念なことに、私が所有しているフューチャーフォンは、いつもの遠征地で圏外ですし、スマートフォンも機種の関係で圏外であるため、このアイデアは適用できません。またそもそもPCからキャリアに通信させるというのは、何らかのデバイスが必要になるため、このような点からもやや不向きです。

 そこで、PCとスマートフォンを直接通信させることにしました。
 当方所有のAndroid2.2のスマートフォンでは、AdHocモードでの通信ができないため、どちらかをAPにする必要があります。最初にAndroid側をWiFiテザリングモードにして、通信を確立してみましたが、Android側のアプリケーションとPCとで通信がうまくできない模様で結局断念しました。
 ならばPC側をAPにするといことで、PLANEXのGW-USNano2-Mなる廉価のUSB-WiFIアダプタの付属ソフトでAP化しました。SSIDをステルスモードにすると、なぜかスマートフォン側から認識しないため、SSIDは公開にして、WPA2-PSK+MACアドレスフィルタリングという形で通信が確立できました。
 アプリケーションはIP Messengerを使い、直接PCからAndroidへメッセージを送ります。
 その際スマートフォン側のIP Adressが動的だと厄介なので、固定IP設定にしています。
 Android側はAMessengerを入れています。

img3.png

 iAG側の対応ですが、基本的にイベントの補足&アクションは、外部のログ監視アプリに任せる思想にしました。そのため特段の対応はしていませんが、debugログを大量に吐くようなケースでは、大きなログファイルを監視するのもいろいろ問題がありそうなので、従来のログに加えて、info.log,error.logというそれぞれログレベルに応じたものを起動単位で出力するようにしました。
 また「ガイド警告」機能を試験導入しています。不感領域に対する比率を設定すると、その閾値を超えた場合にログに警告が出力されますので、ガイドの暴れ具合なども設定次第では把握できるかもしれません。
 iAG 0.9.1 RC1としておいています。

http://www.swetake.com/astro/iAG/iAG.html

 肝心のログ監視アプリですが、実はWindows用のテキストログ監視アプリってあまりなく、とりあえずは「ファイル見てる」で試しています。他にも「Tails」なんかもありますが、今回の用途にはどちらもあと一歩痒いところに手が届かない感じがありますが、一応撮影完了の通知なんかは屋内テストではうまく届いていますが、梅雨があければフィールドテストに移りたいと思います。(どのくらいの距離届くか等)

 なお通信さえ確立できれば、今回のプッシュ型の通知以外にも、たとえばリモートデスクトップで画面を見に行く等の手段も使えそうですが、PCへの負荷とかスマートフォン側の電池のもち等が懸念ではないかと思います。どこかのタイミングで一度試してみたいと思います。

 
posted by 開発者 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。