2010年04月11日

リレー部分の基板

USB-IOと組み合わせるリレー部分の基板を起こしてみました。

pcb_2.jpg

 テクノキットUSB-IO用のコネクタと嵌合できるようにしており、簡単にテクノキットUSB-IOと取り付け・取り外しができるようにしています。これで検証時に他のUSB-IOを流用できるという目論見です。

 動作させるには何箇所かジャンパー線をつなぐ必要があるますが、組み上がりは以下の写真のような感じになります。(下の写真はジャンパー線をつないでいません。)
usbioWithRelayModule_2.jpg

 組み立ててみると、多少いけてない部分もありましたが、動作は概ね良好そうです。

 あと基板は余分につくりましたので、もし必要な方がいらっしゃいましたら、実費でお分けしたいと思います。(このようなものが必要となるかはわかりませんが.....。本家サイトにあるアドレスにご連絡いただければと思います。)


posted by 開発者 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。