2013年09月08日

ASCOM USB-IO Telescope Driver

 ASCOM Platformのサービスパックをあげたついで(?)に、USB-IO用のASCOM Telescope Driverを書いてみました。
 これにより、iAGでASCOM経由のUSB-IO制御ができるだけでなく、例えば PHD Guiding 等のASCOM対応アプリケーションでUSB-IOを用いたリレーボックスでの制御が可能になると思われます。
 とはいえASCOMのAPI的にはPulseGuideしか対応させておりませんので、その他のAPIをコールするような挙動を示すアプリケーションではうまく動かないかもしれません。

 ベースロジックはiAGのUSB-IOv2プラグイン(http://iag.seesaa.net/article/299002242.html)と同じです。ですので、従来型USB-IOとUSB-IO2.0の両方に対応し、またActiveLow/ActiveHighの切り替えが可能となっています。回路は従来型はActiveLow設計、2.0はActiveHigh設計が良いかと思います。

setup_img.png

 一応 iAG と PHD Guiding で机上のチェックしてみて、問題はなさそうな感じですが、実戦でどうかとか、他のアプリケーションでうまく動くか、USB-IOの種類によってどうか等々、α版レベルの品質と思いますので、利用の際はご注意ください。

http://www.swetake.com/astro/ASCOM_USBIO/index.html
においています。


posted by 開発者 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。