2013年09月15日

USB-IO関連iAG用PluginおよびASCOM Driverの整備 その2

 昨晩updateした、USB-IO向けiAG用PluginおよびASCOM Driverですが、折角なので、USB-IO2.0(Aki)を用いた半アッセンブリを追加で用意し、USB-IO Technokit版とともに追加検証を行ないました。

IMG_0349s.jpg
USB-IO2.0(Aki)を用いたリレーユニット半アッセンブリ

 USB-IO2.0(Aki)は起動時(USB接続時)は各ポートがLowレベルになるため、Technokit版を使用した際に用いた吸い込み型の設計では、起動時全リレーがON状態になります。今回は手持ちの基板のパターンを一部カットし、また、わたり線を這わして、ポートがHigh時にリレーがONになるよう変更して作製しました。
 ちなみに、仕様書をよく読んでみると、ポートの初期状態を設定できないのはUSB-IO2.0(Aki)だけで他のUSB-IO2.0ファミリは設定できるようです。

 これを用いて検証をすすめていくと、以下の問題が発生しました
1.レスポンスが悪い
2.少し不安定なときがある。

 レスポンスが悪い件ですが、USB-IOからの戻り値を読み込むときに時間がかかっているようでした。仕方がないので、読み込みロジックを外してやると、いい感じになります。仕方がないので、最初の仕様と同じ書き込み一辺倒の仕様に戻すことにしました。
 不安定問題も読み込みロジックを外したものでは発生しませんので、このあたりの問題のようです。

 更新したものは以下においております。

iAG Telescope Control Plugin for USBIOv2 v0.9.6
iAG Exposure Control Plugin for USBIOv2 v0.9.6
http://www.swetake.com/astro/iAG/iAG.html

ASCOM USB-IO Telescope Driver 0.4.0
http://www.swetake.com/astro/ASCOM_USBIO/index.html





posted by 開発者 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。